葉酸を食事のみから取るのは難しくサプリの活用がおすすめ

葉酸サプリメントは妊活中から妊娠初期には特にしっかり取りたい栄養素の1つです。その時期を過ぎても妊娠後期から授乳が終わるまで、ママと赤ちゃんの健康を守ってくれます。

厚生労働省でも、サプリメントなどの健康食品から摂取することが推奨されています。

食事から充分に摂取していれば大丈夫だろうと思っていても、摂取できている量が少なかったり体に吸収されにくかったりして、不足してしまう場合があります。

葉酸はビタミンBの仲間で水溶性ビタミンに分類されます。水溶性なので水に溶けやすいという特徴を持ち熱にも弱いですから、加熱調理してしまうと栄養が損なわれてしまいます。

野菜に含まれている葉酸は炒めたり煮たりしてしまうと、約半分くらいは失われてしまいます。

また、酸にも弱いという欠点がありますから、仮に食品から充分な量を取れていたとしても、消化される段階で壊れてしまいます。体への吸収力も高いとは言えず、取った葉酸の約半分くらいの量しか吸収されません。

その点、サプリメントなら効率よく葉酸を摂取できます。壊れにくい構造になっていますしそのまま飲むだけですから、つわりのある時期でもしっかり葉酸を摂取できます。

体への吸収力はサプリメントの種類にもよりますが、約85%くらいは吸収できますから安心です。

上手な葉酸の取り方は食品からもサプリからも取るという方法です。水や熱に弱いという特性を知った上で、葉酸をたっぷり含むレバーやほうれん草など、栄養バランスを考えながら食事に取り入れていきましょう。

洗う時にはさっと洗うようにして、なるべく加熱時間を短くする工夫をしましょう。スープや味噌汁などの汁ごと食べられる料理なら、余すことなく栄養を摂取しやすいです。

また、光にも弱いですからなるべく新鮮な状態で取るようにして、冷蔵庫で保存するのが大切です。

食事にも気をつけながら、不足している葉酸をサプリメントで補うのが賢い使い方です。食欲が落ちてしまうつわりの時には葉酸が不足してしまわないように、サプリメントをフル活用しましょう。

葉酸サプリ 人気ランキング→安全な葉酸サプリ厳選

Comments have been closed/disabled for this content.